気になるFX取引について

ちょっとハイレベルなお小遣い稼ぎ

最近すごく気になっているのがFX。大きな金額を動かして儲けようと思っているのではなくて、主婦のお小遣い稼ぎ程度の規模で考えています。今は自宅でアンケートに答えたり、アフィリエイトでひと月に5千円前後のお小遣いを稼いでいます。色々なブログをみていると30万円ぐらいの資金でFXで月に数万円を稼いでいる人が結構いるんですよね。もちろん損失をだしている人もいますけれど。

 

確かにブログとかに書く人は儲けている人で、損している人は記事にしないから、実は損している人の方が多いかもしれないですよね。 FXについて勉強すれば必ず利益を出せる様になると言う人もいれば、FXはしょせんギャンブルと言う人もいます。ただ、FXをしていると経済、政治、世界情勢についてもっと興味がわいて、知識が増えるのは長所だとは思います。同じお小遣い稼ぎでも、ちょっとハイレベルですよね。
まずFX初心者の人はFX初心者のための入門講座で経済や外国為替市場のことなどの基礎知識をみっちりつけてから取引を始めることをお勧めします。

FXで大損をしないための鉄則

FXは、個人に人気があるマネーゲームです。うまくいけば、元金の何倍もの利益を得ることが出来て、大金持ちも夢ではありません。毎年、FXで大金を得たのに税申告しなくて追徴課税を取られたお年寄りのニュースを見かけますが、うらやましい限りです。
しかし、FXは、同時にとても大損をしやすいゲームです。1回で損をする金額は、間違ったやりかたをやった場合はパチンコや競馬で損をする金額よりはるかに大きくなってしまいます。実際、リーマンショックの時は、一晩で1000万円以上の大金を損した主婦などが続出しました。
このようにたいへん怖いFXですが、ちゃんとしたやり方をすれば、一晩で大金をなくすような大損は避けることが出来ます。そのために最も大切なのは、損切りです。株も同じですが、損切りは投機で最も大事なファクターです。あのBNFもさんざん損切りの重要性を言っています。一旦、買い又は売りのポジションを持ったら、すぐに損切りのための逆指値注文をすべきです。特に、オーバーナイトポジションを持つときは必須です。為替は、イベントが発生したらとんでもない値幅で急騰・急落をすることがしばしばあります。損切りは絶対に入れて下さい。
損切りを入れるのに便利なのは、IFD注文やIFO注文です。これらをうまくつかえば、大損は極力避けることが出来ます。

 


ホーム サイトマップ